フォトブックを作成するメリット

昔は写真を撮ったら、
L版に現像して、
アルバムに1枚1枚保存する・・・

 

って方法が一般的だったと
思いますが、

 

平成が終わろうとしている、
現代では、
もはやL版での現像は

 

家庭用のプリンターでも
できちゃう芸当なわけで。

 

私も私の嫁さんもですが、
写真がたくさん閉じられた
子供のころのアルバムって・・・

 

めっちゃでかくて重い!

 

ってことがネックなわけです。

 

いや、昔はそれしか選択肢が
なかったので仕方がないと思います。

 

子供のころの写真を
残してくれてとても感謝しています。

 

自分の0歳ころの写真と、
自分の娘の0歳の写真を
比較したらそっくりで
とっても笑いました。

 

ところがどっこい、

 

現代はデジタルの時代です。

 

スマホのカメラやデジカメで
撮った写真はデータとして、
フラッシュメモリーに
残っていますが
見返すことってあんまりないんですよね。

 

Google Photoをお使いの方なら
わかると思うのですが、

 

Google Photoで
デジカメの写真を
全部バックアップしておくと、

 

去年の今頃や
おととしの今頃の写真が

 

プッシュ通知で送られてきます。

 

よく去年や一昨年の
娘の写真の通知が来て

 

かなり成長したなーって
思うこともあります。

 

が、

 

やっぱり、アルバムとして
残しておいたほうが
気軽に見れて楽しいです。

 

ということで、
L版現像アルバムと
フォトブックの
メリット・デメリットを
簡単にまとめてみました!

 

L版現像アルバム フォトブック
メリット

1枚づつ綴じられる
レイアウトを好きに
変えられる
追加で写真を入れられる

お手軽
軽い
小さい
安い
きれい
本のように仕上がる
本棚における
気軽に手に取れる
プレゼントに最適

デメリット

重い
それなりに大きくなる
持ち運びは大変
物置に眠ったままになりがち

後からレイアウトは
変えられない
後から写真を追加できない

 

まあこんな感じでしょうか。

 

私の一番のおすすめポイントは、

 

軽くて小さくて
本棚においておけるので
気軽に見返せる!

 

ってところですよね。

 

私も最初は、
自分の親がやっていたように、

 

大きなアルバムを買って、
L版で現像した写真を
綴じていこうとしていたんですが。

 

ぶっちゃけちゃうと、

 

めんどくさい・・・(´・ω・`)

 

ってなっちゃいました。

 

そして、やっぱり
重くてかなり荷物になります。

 

全部データ化してしまいたいくらいです。

 

そして、
見返すにも大変ってこと。

 

奥のほうにしまいこんだ
アルバムをよっこらせっと
引っ張り出し、

 

1ページ1ページ
めくるのは一仕事です。

 

その点、
フォトブックなら
本棚からひょいっと取り出し、
パラパラとめくって
懐かしむことができちゃいます。

 

ぜひ、あなたも
フォトブックの作成に
チャレンジしてみてください。